名古屋の祭り

芝生の広場

名古屋めしとは愛知を中心とした中部地方で発祥、もしくは発展した食文化を指します。
最近では、テレビや雑誌等のマスコミに取り上げられることも増え、全国的に名古屋めしという言葉が浸透してきています。
全体的に味が濃いことが特徴となっていますが、インパクトのあるその味わいが病みつきになるようです。
また、名古屋で名を馳せた有名店が関東地方をはじめ全国にも多く進出しており、本場の味の味噌カツや味噌煮込みうどん、手羽先等が手軽に食べられるようになってきています。
他にも、ドリンクにモーニングセットがついてくる喫茶店の食文化も全国に進出しており、名古屋めしは、今や他地域の人にとっても欠かせない、愛される食文化となっています。

先ほども述べたように、名古屋めしは全国に広まってきているものの、まだまだ知られていないものがたくさんあります。
例えば、あんかけスパゲティやカレーうどん等がその例です。
あんかけスパゲティは茹で上げたパスタをソースと絡めるといった全国的によく知られたパスタと違い、もちもちした太麺を茹で上げた後に炒め、その上から辛みの効いたトロッとしたソースをかける料理のことです。
まだまだ全国的な知名度はありませんが、愛知県を訪れれば多くの専門店が店を構えているため、気軽に食べることができます。
カレーうどんはご存知の方も多いかも知れませんが、愛知県では独自に発展し、他の地域では食べられない、辛みとコクのマッチした独特の味わいが楽しめます。
その他にも愛知でしか食べられない名古屋めしがたくさんあるので、それを目的に訪れてみるのもいいかもしれません。